筆ストラップ専門店

研究 vol.886 壽楽筆束ね

筆ストラップ研究 vol.886 壽楽筆束ね

なぜ今までこの案が出なかったのか、自分の側頭部を大筆にぶつけたい思いです。
元々束ねていた針金などはすぐ捨てちゃいますからね。

Comments are closed.