筆ストラップ専門店

研究 vol.506 壽楽筆で用心を

筆ストラップ研究 vol.506 壽楽筆で用心を

キャップがついた壽楽筆は立てることができます。
このように扉の前に置き、その場を離れている間に何者かが侵入したかどうかをこれで見るわけです。これが倒れていたら、重要な物を見られている、もしくは偽物とすり替えられていると考えなければなりませんし、カメラや盗聴器が仕掛けられている可能性もあります。これ以上こちらの情報を見せてしまわないよう、なるべく早くアジトを引っ越しましょう。

Comments are closed.